わたしたちの目標は、気象に関する理解の
増進や人材育成などの活動、研究を行う方々への
助成を通じて、世界中の人たちが天気の変化を
読み取り、誰もが気象による災害から
身を守ることが出来るようになることです。

WHAT WE DO助成事業

国内研究助成および表彰

国内研究助成および表彰
募集終了
次回2023
2月頃予定

気象に関する実用・実践的な研究活動をされている方への助成や功労者への表彰のほか、新たなアイディアなどの提言に関する表彰を行っています。

詳細を見る

アジア・太平洋地域助成

アジア・太平洋地域助成
募集終了
次回2023
5月頃予定

アジア・太平洋地域における気象インフラの整備や予測技術の向上、気象観測および予報技術に関する人材育成を目的とした助成事業を行っています。

詳細を見る

高校・高専気象観測機器コンテスト

高校・高専気象観測機器コンテスト
募集終了
次回2023
2月頃予定

地球上のあらゆる現象を捉えるための観測機器を従来の常識を超えた発想で制作し、その技量を競います。

詳細を見る

SHIRASESHIRASE活用事業

SHIRASE5002は日本で三代目の南極観測船です。
現在は現役を引退し、2010年5月より千葉県船橋市に係留し、
当財団の事業目的を達成する為の活動拠点として利活用しております。

詳細を見る

ABOUT US財団について

気象を楽しみながら知ることから始めていき、
自ら変化を読み取り行動に移し替えていくこと。
それが気象文化の創造です。

  • まずは気象を
    楽しむことから
  • 気象について
    深く知り、活用しよう
  • 気象の変化を知り、
    自らの行動に移し替えよう